Blog

あなたにとって
リュクスな
暮らしとは?

  1. HOME
  2. ブログ
  3. アート
  4. 色のユニバーサルデザインを知っていますか?

色のユニバーサルデザインを知っていますか?

色彩検定のUC級(色のユニバーサルデザイン)を勉強し、色の見え方が人によって違うことを知りました。色について、わかりやすく、見やすくする方法、知っていると役立つ情報をお伝えします。

色のユニバーサルデザインとは、「色覚の多様性に配慮した、誰もが見やすい色使い」のことです。
色彩をうまく使い、色の組み合わせを考えて、色の認識がしづらい人を含むすべての人にとって利用しやすくします。
まずは、色のはたらきを理解すること、色覚特性の特徴を知ることなどが重要になってきます。

色は同じように見えているとは限らない

日本人では、90%以上の人は一般色覚をもち、男性では20人に1人、女性では500人に1人程度は、色覚異常を持っています。
これは日本人男性の5%、女性は0.2%にあたります。
5%という数字は血液型がAB型の男性の人数とほぼ同数にあたり、全体で300万人存在すると言われています。
その原因は、先天性によるもの、病気やけがなどの後天性のもの、加齢による変化などがあげられます。

色の見え方は、人それぞれであり、必ずしも同じ色に見えているとは限らないんですね。
わたしには左の写真のように見えているものも、別の人には右のように見えているのかもしれません。

 

色の認識しにくさを回避する方法

一般的には、危険や警告を表すために使われる「鮮やかな赤」は目を引きやすい色、との認識があります。
けれども、色覚異常のある人にとっては、黒っぽく見えたり、背景が黒いと目立ちにくくなる傾向があります。分かりやすくするために、赤はオレンジ寄りの赤にしたり、背景を白にしたりします。
こうすると区別がつきやすくなります。
また、色と色との差をつけてコントラストをつけること、色と色との間に別の色(白や黒など)で縁取り、セパレーションカラーを入れることで、認識しやすくする方法もあります。

色情報だけでなく、その「色名」を記載することで、その色が何色であるのかがわかりますよね。
色の違いだけでなく、同じような色でも明度差(色の明るさ暗さ)をつけるとわかりやすくなります。グラフなどには、境界線や柄を入れることで区別しやすくなります。
このように、色だけに頼るのではなく、デザインや他の方法を使ってカバーも出来るのですね。
パワーポイントなどの資料作りの際には、上記の方法を意識して、だれにでも分かりやすい資料を作ることを心がけています。
ほかには、コントラストが強すぎると目が疲れてしまいますので、背景は「真っ白」、文字は「真っ黒」でないほうが良いようです。

例えば、わたしの手帳の紙の色は薄いクリーム色で、ペンはブルーブラック色を使っています。毎日頻繁に見るものなので、目に優しいものが良いですね。

記事担当 東風平美穂


リフォーム、新築、お引越しをご検討中の方! 
収納の使い方やインテリア、片づけでお悩みの方!アンジェ・リュクスへお気軽にご連絡ください。
まずは無料のWEB相談にてお悩みを詳しくお伺いいたします。

 


アンジェ・リュクスのInstagramはこちら↓

関連記事