Blog

あなたにとって
リュクスな
暮らしとは?

  1. HOME
  2. ブログ
  3. アート
  4. コンパクトでも使い勝手のよい男前キッチン収納の提案

コンパクトでも使い勝手のよい男前キッチン収納の提案

「男前ガレージハウス」というコンセプトのこちらのモデルハウス。

仕事を終え、帰宅してからの時間も楽しみたい。ガレージでは趣味のバイクや自動車の整備もできる、そんなこだわりのおうちです。

今回は、その名にぴったりな男前のインダストリアルな雰囲気の内装に合わせて、キッチンの収納と造作家具のご提案をさせていただきました。

 

スライドテーブルで安全・快適に

キッチンの奥に配置された幅80cm、奥行45cmの収納コーナー。

レンジと炊飯器用の棚には、スライドテーブルを設置しました。

使用時には熱や水蒸気が発生する調理家電。安全、快適に使うための配慮は欠かせません。

また、レンジ下にはちょっと置きに便利なスライドテーブルを設置。配膳や収納など、必要な時だけ引き出して使うことができます。

目に付きやすい高さには、開封した食材保管用のワイヤーバスケットを設置。中が見やすく把握しやすいので、使い忘れを防いで管理が容易になります。

最下段にはキャスター付きの丈夫なボックスを設置しました。ペットボトルやお酒の瓶など、重さのあるものを保管しても、出し入れが容易です。

全体の目隠しにはロールスクリーンを設置。埃や汚れの対策にも一役買ってくれます。

 

ダイニング下も見える収納で使いやすく

ダイニングテーブルは造作家具。キッチン側の天板下にはワイヤーバスケットを配置して、日常使う食器や雑貨などを見える収納で。

用途別に入れて、バスケットごと出し入れするスタイルをご提案。「出す→使う→しまう」が容易で、把握しやすいですね。

防災の面からも必要な食材ストック。日常の定番品は、目につきやすく手に取りやすいキャスター付きの引き出しで管理を。

半透明なので、在庫の量の把握にも便利。日々の生活の中でローリングストックができる仕組みです。

キッチンから手が届き、人目につきにくい場所には、ゴミ箱置き場を設置。生活感はほどほどに隠しつつ、使いやすさを確保しています。

 

ポケット収納のあるダイニングテーブル

このおうちでは、階段を上がってすぐのところにダイニングテーブルがあります。目に入りやすい場所だからこそ、整った状態を保ちたいですよね。

そこで、テーブルの上をスッキリ保つひと工夫。カウンターチェアのひざ元に、ポケット収納を設置しました。

ついつい置きっぱなしになりがちな、本やタブレットなどをさっとしまえて、取り出しも楽々です。

コーヒーを飲みながら、読みかけの本を取り出して・・・と、暮らしのシーンが目に浮かびますよね。

コンパクトな空間こそ、収納計画は必須。短い作業動線は使いやすさの味方になります。

暮らしを楽にする収納計画。ぜひご相談くださいね。

 

 

記事担当 大串広子


リフォーム、新築、お引越しをご検討中の方! 収納の使い方やインテリア、片づけでお悩みの方!アンジェ・リュクスへお気軽にご連絡ください。まずは無料のWEB相談にてお悩みを詳しくお伺いいたします。

利き脳タイプ別おすすめ収納用品

★左左脳タイプ→こちら
★左右脳タイプ→こちら
★右左脳タイプ→こちら
★右右脳タイプ→こちら


アンジェ・リュクスのInstagramはこちら↓


https://page.line.me/bgb5229c

関連記事