Blog

あなたにとって
リュクスな
暮らしとは?

  1. HOME
  2. ブログ
  3. アート
  4. 沖縄伝統工芸を、見て感じて触れられるおすすめホテル

沖縄伝統工芸を、見て感じて触れられるおすすめホテル

コロナ禍で、なかなか旅行ができない状況ですが、いつか気軽に旅ができるようになったときの選択肢として、また、少しでも旅行気分になっていただけるように、沖縄からインテリアが特に素敵なおすすめホテルのご紹介です。

HOTEL STRATA NAHA(ホテルストレータ那覇)

ご紹介するのは、那覇市にあるシティホテル、HOTEL STRATA NAHA(ホテルストレータ那覇)です。

ストレータとは英語で「地層」や「層」という意味。

“その土地に積層されてきた歴史や文化を滞在の中で感じ、新しく訪れる方と地域の方々との交流をきっかけに、その土地に新たな魅力を積み重ねていくホテルです。”(HOTEL STRATA NAHA公式サイトより引用)

写真左側は、エレベーターホールにある地層をイメージした壁面です。

おすすめポイント1:ロケーションが良い

駅近、というよりもほぼ駅直結と言えるほど近い!ゆいレール美栄橋駅からなんと、徒歩30秒なんです。

美栄橋駅は、県庁前駅から一駅という、那覇のなかでもかなり都心的な地域です。そんな大都会な場所であるにもかかわらず、たっぷりの緑に恵まれた環境は、心地よく落ち着ける空間になっています。

 

お部屋によっては海が見えたり、那覇市内が一望できたりと、さまざまな風景が楽しめます。

おすすめポイント2:伝統工芸がふんだんに使われている客室

HOTEL STRATA NAHAがほかのホテルと決定的に違うのは、沖縄の伝統工芸をおしゃれかつスマートに取り入れて、建物や内装とうまくなじんでいるところです。違和感なく、暮らしにもすっとなじんでいるのはさすがです。

客室には、紅型のアートパネルや、首里織を使用したクッションカバー、花織の生地でできたランプシェードなどが贅沢に飾られています。クッションカバーなど、実際に手に取って触れられるのは魅力的です。

おすすめポイント3:カフェにも伝統工芸が

最後にご紹介するのが、ホテル併設の「カフェストレータ」。ここには、大きな紅型アート作品が展示されています。このアート作品は、那覇の過去・現在・未来を表しているそう。じっくり見ると、なるほどと感心するものが描かれていますよ。

外壁や柱などには「琉球石灰岩」という素材が使われています。琉球石灰岩とは、サンゴや貝殻などが堆積してできた石灰岩の地層のこと。淡いベージュで色の濃淡があり、ところどころに空洞があり、味のある素材です。海の生き物からできるものなので、どこかあたたかみがあり、木と合わせてナチュラルにしたり、モダンなものと合わせてスタイリッシュにも変化させられるところが面白い素材です。

また、天井には沖縄県産木材を使用していて、高い天井に彩を添えています。

目の前には自然がたくさんあり、とても落ち着ける空間です。外のスペースでは、たまに猫が散歩をしていたり、蝶々がひらひらと飛んでいたり。そんな景色も空間も気に入っていて、個人的によく足を運んでいます。

海や観光も楽しいですが、伝統のものや手しごとに触れる旅もおすすめですよ。

記事担当 東風平美穂


リフォーム、新築、お引越しをご検討中の方! 収納の使い方やインテリア、片づけでお悩みの方!アンジェ・リュクスへお気軽にご連絡ください。まずは無料のWEB相談にてお悩みを詳しくお伺いいたします。

利き脳タイプ別おすすめ収納用品

★左左脳タイプ→こちら
★左右脳タイプ→こちら
★右左脳タイプ→こちら
★右右脳タイプ→こちら


アンジェ・リュクスのInstagramはこちら↓


https://page.line.me/bgb5229c

関連記事