Blog

あなたにとって
リュクスな
暮らしとは?

  1. HOME
  2. ブログ
  3. アート
  4. 壁紙チェンジで、パッと華やぐお手入れしやすい玄関へ

壁紙チェンジで、パッと華やぐお手入れしやすい玄関へ

玄関がきれいだと、おうちに帰ってきたときや、お出かけするときに気持ちがいいですよね。
ところが、わが家の小さな玄関は「子供用のベビーカー」「外遊びで使ったボールやおもちゃ」「宅配で届いた段ボール」など、
気がついた時にはいつもモノでいっぱいに。そのうえ玄関の壁には、泥汚れが付いていたり、ひっかき傷が付いていたりと、新築時のフレッシュさが失われてきていました。
そこである日、思いついたのが「壁紙を貼って汚れを目立たなくすること」でした。
実際にやってみたら、思いがけず簡単だったので、今日は、壁紙を貼っておうちの中で簡単にDIYを楽しむ方法をご紹介します!

Before

After

初めての人は、『マスキングテープタイプ』がおすすめ
私のように、初めて壁紙を貼る人に強く強くおすすめしたいのが、『マスキングテープタイプ』です。
おすすめのポイントは3つ。

① シール感覚で壁紙が貼りやすい
今回利用したのは、シールタイプの壁紙です。
生地にはやや厚みがあり、シワができにくい素材のため、壁などの広い面にも貼りやすくなっています。さらに、裏面にはあらかじめ糊が付いているので、届いたらすぐに作業を始めることができます。
幅も23cmとコンパクトなので、女性一人でも取り扱いがしやすく、私は1時間ほどで完成させることができました。

② 選ぶのも楽しい! 豊富な絵柄
色・柄も豊富に取り揃えられており、選ぶときからワクワクしてしまいます。
我が家は玄関用に、汚れが目立ちにくいグレー色のレンガ柄を選びました。子供部屋やクローゼットの中だったら、花柄やポップなデザインもいいですね。
また、壁以外にも、シール感覚で箱やノートの装飾などに幅広く使えます。

③ お手入れがしやすい。
実際に使ってみると、生地はやや厚みがあり、表面がツルツルしているので、汚れが付きづらいことがわかりました。
また、汚れたときは固めにしぼったぞうきんで軽くこするだけで、簡単にきれいにできます。
以前よりもお手入れがぐっと楽になりました。

壁紙に、貼ってみよう!
用意するのは、壁紙シートのみ。壁の一部分だけに貼りたい場合は、マスキングテープで前もって印をつけておくと、作業が楽です。
準備ができたら、壁の右上から下に向かって一列ずつ、絵柄を合わせながら貼っていきます。
仕上げに壁紙の上から定規などでしっかりと空気を抜いてから、最後にカッターで端を切り落とせば、完成です!

おうちの中がパッと華やかに、お手入れもしやすい壁紙チェンジのご紹介でした。
プチDIYに挑戦してみたいと思っていた方は、ぜひやってみてくださいね。

記事担当 佐田野真希


リフォーム、新築、お引越しをご検討中の方! 収納の使い方やインテリア、片づけでお悩みの方!アンジェ・リュクスへお気軽にご連絡ください。まずは無料のWEB相談にてお悩みを詳しくお伺いいたします。

 


アンジェ・リュクスのInstagramはこちら↓


画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: ja.png

関連記事