Blog

あなたにとって
リュクスな
暮らしとは?

  1. HOME
  2. ブログ
  3. インテリア
  4. モデルハウスの収納事例〜キッチン収納をスッキリ見せる工夫3点

モデルハウスの収納事例〜キッチン収納をスッキリ見せる工夫3点

今回収納計画を提案させていただいたのは、モデルハウスのキッチン収納。
こちらは「屋上アウトドアハウス」という斬新なコンセプトのモデルハウス。
築40年以上の狭小住宅をリノベーションし、自宅でもアウトドアが楽しめる遊び心が詰まったおうちです。

 


どんな暮らしをしたい?ライフスタイルから考える
まずは、こちらの住人となる方として想定した人物像をご紹介。
アウトドアが趣味のご夫婦と相棒のワンちゃん。
リモートワークが増え、ご自宅での時間を快適に過ごすことも重要になりました。
休憩のコーヒー、手軽に準備するランチなどお互いに自分のペースで使うことも増えるキッチン。
週末にはホームパーティーも楽しみたい。

そんなお二人にぴったりのカッコ良くて機能的な収納を目指しました。
今回はその中でもコンパクトながらスッキリ見える工夫を3点ご紹介しますね。

 

家電の配線を見えにくく
使い勝手よくカウンターに並ぶ家電。その背後で気になるのはごちゃごちゃした配線・・・。
そんなお悩みを解消するのがこの工夫。

 

カウンター板の奥に開口を設け、配線を下におろします。
棚下の抜き差ししやすい位置にコンセントプレートを設置。
合計8口の差し込みがあるので、タコ足配線も不要です。
ごちゃつく配線が見えないことで、「見た目が悪い」問題をクリアします。

 

引き出す作業台でスペースを拡大
配膳カウンター右下に設置したのは引き出す作業台。
調理時や配膳時など必要なときだけ引き出せるので、通路を広く確保できます。
その下のスキマ収納には置き場に困るオーブンの天板やトレーなどを収納。
カウンター下のスペースは使用頻度の高いカフェタイムのセットを置いておくのも便利ですね。

 

定位置を確保して置き場に迷わない
キッチンのゴミ箱の位置は、作業の動線に近くて動きの邪魔にならない場所に決定。
ゴミ箱のデザインはシンプルな形状のブラックをチョイス。
グレーの壁にも自然に馴染みます。
毎日使うものだから、こだわって選びました。

ゴミ箱置き場側面のバーには、フックでゴミ袋を設置して分別が可能。
生活とは切り離せないからこそ、無理のない管理の仕組みが大切です。

日々の暮らしに欠かせないキッチン。あなたにはどんなこだわりがありますか?
リフォーム・リノベーションの計画の際には、収納の仕組みにもご注目くださいね。

(記事担当:大串広子)


リフォーム、新築、お引越しをご検討中の方! 収納の使い方やインテリア、片づけでお悩みの方!アンジェ・リュクスへお気軽にご連絡ください。まずは無料のWEB相談にてお悩みを詳しくお伺いいたします。

利き脳タイプ別おすすめ収納用品

★左左脳タイプ→こちら
★左右脳タイプ→こちら
★右左脳タイプ→こちら
★右右脳タイプ→こちら


アンジェ・リュクスのInstagramはこちら↓


画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: ja.png

関連記事