Blog

あなたにとって
リュクスな
暮らしとは?

  1. HOME
  2. ブログ
  3. インテリア
  4. イライラしないラグの選び方

イライラしないラグの選び方

リビングには、ラグが敷いてあると雰囲気もよく、気分も落ち着きますね。

部屋にラグを敷くことの効果として防音や床のキズ防止などがありますが、
寒い季節には床からの冷気を遮断し、足元を温かくしてくれる効果に期待します。

わが家では以前使っていたラグを処分してからは、ずっと何も敷かずに暮らしていたのですが、
フローリングの床が冷たく感じるようになったので、ラグを新調することにしました。

今回は「イライラしないラグの選び方」をご紹介します。

直線はズレが気になりイライラする
わが家で以前使っていたラグは140㎝×200㎝の長方形のものでした。
気に入って使っていましたが、子どもが動かしたりして直線がズレると、妙に気になります。
また、「元にもどさなきゃ」とその都度イラっとしてしまいます。
まっすぐなものが少しでも角度が変わることで、違和感をおぼえるのですよね。

楕円形ならどんな角度でもOK!
では、どのような形状ならイライラせずにすむのでしょうか。
直線のズレが気になる原因なので、「直線ではなく曲線であればいいのかも!」と気づきました。
そこで選んだのが140㎝×200㎝の楕円形のもの。
これならいくらズレても、まったく気になりません。
そもそもズレているのかさえも分からないほど、空間になじみます。

 

写真では円形に見えますが、実際は横広い楕円形です。
どの角度から見ても収まりがよく、ストレスを感じさせないばかりか、雰囲気があってとても気に入っています。

四角が丸になることで、必然的に表面積は減ることになりましたが、家族全員がラグに集合することはありませんので、
面積の減少は気にならないレベルです。
それ以上に、ズレることへのストレスが減ったことが、いちばんのメリットだと感じています。

どんなラグを選んだらいいのかわからないという方へ、楕円形のラグも選択肢のひとつに入れてみてはいかがでしょうか?

(記事担当:東風平美穂)


リフォーム、新築、お引越しをご検討中の方! 収納の使い方やインテリア、片づけでお悩みの方!アンジェ・リュクスへお気軽にご連絡ください。まずは無料のWEB相談にてお悩みを詳しくお伺いいたします。

利き脳タイプ別おすすめ収納用品

★左左脳タイプ→こちら
★左右脳タイプ→こちら
★右左脳タイプ→こちら
★右右脳タイプ→こちら


アンジェ・リュクスのInstagramはこちら↓


画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: ja.png

関連記事