Blog

あなたにとって
リュクスな
暮らしとは?

  1. HOME
  2. ブログ
  3. アート
  4. パナソニック汐留リノベーションミュージアムのコーディネート

パナソニック汐留リノベーションミュージアムのコーディネート

先日、アートのある暮らし協会のイベントに参加しパナソニック汐留のリノベーションミュージアムを見学してきました。ミュージアムは、3LDKのマンションをまるごとリノベーションしたらどうなるのか?をご提案されていて、2タイプのインテリアデザインで素敵に作られていました。私もショールームコーディネートの仕事をしているので、小物の飾り方や家具のチョイスなど参考になることばかり。ご一緒したアートライフスタイリストのプロの仲間と、色々情報交換しながら巡る事ができ楽しい時間となりました。

子供部屋は中差色相でコーデ

中差色相とはPCCS色相環で、色相差が4~7ある色。今回は、24番あたりの赤味のピンクと17番あたりのブルーの建具を組み合わせてコーディネートされています。色味がある部屋なのですが、中明度、中彩度の落ちついたトーンで、コーディネートされ写真より実物は、かなり落ちついた空間になっています。

テーマはコーススタイル

コーススタイルとは、アメリカ西海岸や東海岸など、コースウェスト、サウスウェストからくる言語で、サーファーのビーチスタイルより高級感のあるインテリアスタイルだそうです。アウトドアと言うより、インドアで暮らしを上質に楽しみたい!そんなペルソナの印象を持ちました。アートも映えるお部屋でどんな絵を飾ろうか、ワクワクします。

クローゼットは黒いスチールがアクセントに

クローゼットの棚も、最近はシルバーだけでなく黒いスチールを選ぶ方も増えてきました。グレイッシュでマッドな空間に、シルバーは似合わないので、黒いアイアンなどで選べるものをお客様にもおすすめしたいなーと。

いろりダイニングテーブル

いろりダイニングテーブルの実物をはじめてみたのですが、これスッゴくいい!ダイニングテーブルにIHクッキングヒーターがついていて、いろりのように暖かい鍋を囲んで食事ができます。お値段はかなりしますが、こんなのうちにあったら楽しいだろうなぁーと商品をみて、ワクワクしました。

パナソニックいろりダイニングテーブル

必見の価値ありです。ぜひ足を運んでみてね!

あなたにとってリュクスな暮らしとは?

(記事担当:代表森下純子)


次回8月のオープンデーはアトリエにて「モノと私のリノベーションを語る会」を開催。お申し込みをお待ちしています♪

関連記事:「モノと私のリノベーションを語る会」

「モノと私とリノベーション」
【日時】8月26日(月)10:30~12:30
【場所】アトリエ アンジェ・リュクス
【参加費】1,000円(当日現金払い)
【持ち物】モヤモヤしているモノまたは場所の写真、筆記用具
【定員】10名オープンデーお申込みはこちら

「モノと私 とリノベーション 」 今後の予定
9月20日(金)@アトリエ


LINE@にご登録いただくと、
リュクスな記事があなたのもとに届きます!
ぜひ、お友達登録お願いします。

関連記事