Blog

あなたにとって
リュクスな
暮らしとは?

  1. HOME
  2. ブログ
  3. ライフオーガナイズ
  4. 収納の失敗…建ててから後悔しないように!

収納の失敗…建ててから後悔しないように!

アンジェ・リュクスには、家づくりにまつわる様々なご相談が寄せられます。

特に新築後の収納。
「家を建てたものの、収納に不満が…」
「もっとちゃんと計画すればよかった…」
こんな声、多く聞かれるんです。

建ててから後悔…そんなのイヤですよね

みなさん、収納が大事なことはわかっていても、家を建てる過程って決めることが多すぎて、悩んだり迷ったりすることだらけ。結局収納計画までは頭がまわらず、“とりあえず” 収納スペースを確保しておく…そんなケースが少なくないようです。収納は、一般的には延べ床面積の10~15%あれば十分と言われていますが、パーセンテージだけでは解決になりません。多くとればいいというものではないんです…
文具や薬、書類など細かいモノを収納したいリビングに奥行きたっぷりの収納や、スペースはあっても棚が可動でなく、入れたいモノを思うように収められない物入れ。空間を上手に仕切れず悩んでいる方がたくさんいらっしゃいます。

奥行きが浅く、パッと見渡せるオープン収納

ワールドハウス「片づけが楽になる家」千葉展示場 スマイル

↑こちらの写真は、アンジェ・リュクス 監修のモデルハウス。
ストックの保管スペースを通路につくっています。奥行きが浅く、パッと見渡せるオープン棚。在庫管理がしやすそうだと思いませんか?
奥行きが深い収納って容量はあっても使いこなすのはなかなか大変。布団を入れるから、など明確な目的があるならいいのですが、“たくさん入りそうだから” と安易に深くとるのは要注意です!

大容量シューズクロークなのに…


例えば玄関に大容量のシューズクロークを作ったとしても、玄関土間からしか出入りができないと、靴箱の靴を出したいとき、脱いだ靴をしまうときはたたきに裸足で降りないと出し入れできません。框から遠く、結局は億劫なだけ。たたきにはどんどん靴が溜まっていくことになるでしょう。

他にもゴミ箱やランドリーボックスの置き場所がない収納計画や効率の悪い洗濯動線など…後からポロポロと気づく不具合。

収めるモノや動線に応じた収納計画が必要だということ 。是非建てる前にご相談いただきたいのです。間取り・収納計画のセカンドオピニオンとしても弊社をご利用ください。ご家族の特性とライフスタイルにあった“散らからない家”をご提案をさせていただきます。建ててから10年、20年、30年…と過ごす我が家。片付け・収納についてじっくり考える時間と費用は、未来への先行投資と言えるのではないでしょうか?
家が出来上がってから「こんなハズじゃなかった」と後悔する…そんな方がどうかいなくなりますように!

あなたにとってリュクスな暮らしとは?

(記事担当:宮嶋ナオコ)


次回7月のオープンデーは東京神田の南海プライウッド東京ショールームにて「モノと私のリノベーションを語る会」を開催。お申し込みをお待ちしています♪

関連記事:「モノと私のリノベーションを語る会」

「モノと私とリノベーション」
【日時】7月8日(月)10:30~12:30
【場所】南海プライウッド東京ショールーム
【参加費】1,000円(当日現金払い)
【持ち物】モヤモヤしているモノまたは場所の写真、筆記用具
【定員】10名

「モノと私」シリーズ 今後の予定
▶8月26日(月)@アトリエ
 「モノと私とリノベーション」
▶9月20日(金)@アトリエ
 「モノと私とメルカリ」


「モノ」ではなく「人」にフォーカスした片づけ術「ライフオーガナイズ」をもっと知りたい方は、ぜひアトリエへお越しください。

ライフオーガナイザー入門講座 【7月18日(木)】
NEW!!「オンライン片づけレッスン」 ★キャンペーン価格にて受付中


LINE@にご登録いただくと、
リュクスな記事があなたのもとに届きます!
ぜひ、お友達登録お願いします。

関連記事