Blog

あなたにとって
リュクスな
暮らしとは?

  1. HOME
  2. ブログ
  3. アート
  4. 実践したくなる本 ずっとやりたかったことをやりなさい。

実践したくなる本 ずっとやりたかったことをやりなさい。

千葉チャリティにご参加くださった方から、イベントの最後のワークで宣言したので、ずっとやりたかった英会話スクールにすぐ申しこみました!なんてご報告をいただき、本当に嬉しく思っています。基調講演で紹介した本ジュリア・キャメロン著「ずっとやりたかったことをやりなさい」を読み始めました!なんてご報告も。

ワーク付きの実践本

この本はワークを行う実践本。9年前会社を辞め、独立した時にたっぷり時間があったので友人から紹介されたこの本を使いワークをやってみました。その時は、自分の見た夢を書き綴ったり、やりたいことを思うがままに書いたり、本の中の質問に答えてみたり。書くことは、最奥(さいおう)の自分と向き合うこと。最奥とは、奥底という意味ですが、自分の奥にある本当にやりたいことって日常の起こる出来事に流されていると、見過ごしがちなんですよね。未来を作るのは今日の自分。いつの時も最奥の自分に正直に生きていきたいなと。つまずいた時やモヤモヤした時にふと手に取る、そんな私のバイブルになっている本です。

モーニング・ページの存在

チャリティイベントで、皆様にご紹介したいなと思ったのがきっかけで、また最近、モーニングページを書き始めました。独立して9年。ライフオーガナイズのスキルを活かし、やりたいことが80%は叶ってきましたが、この先10年、またどんな風に生きていきたいのかをこのワークを通じて再度、最奥の自分に問いかけてみたいと思っています。

創造性を妨げるのは恐れ

お金がない。人脈もない。この年齢だから遅い。家族が反対している。自分には才能がない。失敗したらどうしよう?たとえ、やり始めたとしても成功しても後が続くだろうか?新しことを始めたり、始めても思い通りに進まないと感じる時、こんな感情に襲われるのですが、本の中のたくさんの言葉に助けられます。

創造性を妨げるのは、恐怖心以外の何ものでもない。

何かを想像するには信じることを知らなければならない。

自分が祈ったものに気をつけていなさい。手に入るかもしれないのだから。

最近のシンクロニシティは?

本の中でもシンクロニシティについて触れていますが、私は、シンクロニシティをよく経験します。例えば、片づけ現場で収納用品が必要でお客様に尋ねたらすでに持っていたとか。リサーチで見に行ったアイディアを次のプランで提案したらすぐ採用されたとか。会いたいと思っている人をさがしていたら、紹介してもらえたり。この「幸運な出来事」が次々とおこるシンクロニシティに、人生を助けられています。

アーティストデートを楽しむ

自分の中のアーティストチャイルドを外に連れ出し、話を聞いてやる必要があるのだ。

モーニページともう一つ大きなワークがあるのですが。このワークも人生を歩む上で、大切な時間の一つです。小さなことでもいいので自分の魂が喜ぶことや心が満たされることをしていきましょう。本の中では、本来の自分を取り戻すためにクローゼットを片付けたり、ガラクタで埋め尽くされた家を片付けよう!と書いてあり、片付けるのは、あたらしい自分に出会うこととあります。

次への一歩を踏み出すために私もまたアーティストデートを楽しみたいと思います。

(記事担当:森下純子)


次回7月のオープンデーは東京神田の南海プライウッド東京ショールームにて「モノと私のリノベーションを語る会」を開催。一緒に語り合いませんか?

「モノと私のリノベーションを語る会」

「モノと私とリノベーション」
【日時】7月8日(月)10:30~12:30
【場所】南海プライウッド東京ショールーム
【参加費】1,000円(当日現金払い)
【持ち物】モヤモヤしているモノまたは場所の写真、筆記用具
【定員】10名お申込みはこちら

「モノと私」シリーズ 今後の予定
8月26日(月)@アトリエ
 「モノと私とリノベーション」
9月20日(金)@アトリエ
 「モノと私とメルカリ」


「モノ」ではなく「人」にフォーカスした片づけ術「ライフオーガナイズ」をもっと知りたい方へ

ライフオーガナイザー入門講座 【7月18日(木)】
NEW!!「オンライン片づけレッスン」 ★キャンペーン価格にて受付中講座のお申込みはこちら


LINE@にご登録いただくと、
リュクスな記事があなたのもとに届きます!
ぜひ、お友達登録お願いします。

関連記事