Blog

あなたにとって
リュクスな
暮らしとは?

  1. HOME
  2. ブログ
  3. ライフスタイル
  4. “アクションプランナー”で時間を味方に

“アクションプランナー”で時間を味方に

株式会社アンジェ・リュクスの宮嶋です。

暖かさを感じる日が増えてきましたね。もうすぐ新年度。スケジュール帳を新しくしました!私は手帳はバーチカル派です。

いつも1月始まりのものを使っていて、今年も1月に手帳を新しくしたのですが、気分を変えてみようとバーチカルでないタイプを選んだら、全然使いこなすことができませんでした…やっぱり合う合わないがありますね。今のわたしにはやっぱりバーチカルだった。早々にあきらめ、4月始まりのものに買い替えです。

 

わたしにとっての手帳

わかったのは、わたしにとって手帳はスケジュール管理でもタスク管理でも日記でもメモでもなく時間管理だということ。

予定やスケジュールはスマホのカレンダーアプリからマンスリーで見るのが便利。アンジェ・リュクスメンバーとも共有して使っています。今週、今月は何がある?と予定を確認するのはカレンダーだし、人との約束はまずはカレンダーにいれてスケジュールを管理します。

タスクはiPhoneのリマインダーアプリの中で“must”と“want ”にわけてリストにしています。スマホは大抵の場合身につけているので、タスクが発生したときや何かを思い立ったときにすぐメモ。この年になるともう自分の頭では覚えておけません、、、。メモ大事!リマインダーアプリは、日時を設定するのはもちろん、リストを自由に動かして優先順位で並べ替えたり、リストを分けたりするのもラクなのでタスク管理に便利ですよ。

ただ、大事なのはそのto doをいつやるのかってこと!行動ですよね。どれだけの時間を見積もればそれができて、その時間がいつなら確保できるのか。リストだけだとそこの計画が見えてこなくて、なんか不安になっちゃいます。そのために手帳にスケジュールとタスクを落とし込みます。

アクションプランナー

わたしが今年選んだのは佐々木かをりさんアクションプランナー。すごくシンプルな手帳です。朝6時から夜11時半までの予定が書き込める見開き1週間の時間軸。

ここではto doリストはリストの状態にしておかず、いつやるのかを計画してその時間枠内に書いて落とし込みます。とにかくやることはやる時間に書き込む。そのときにやれなかったら、次にやれそうなところへ移動して書き込む。フリクションペンを使うと書いたり消したりが自由自在で手帳に便利です。
やる時間をあらかじめ決める、自分自身を予約するって大事だなぁと思います。開始時間だけでなく、終了時間や準備の時間、移動にかかる時間もしっかり確保。自分の持ち時間・空き時間が見えてきて、頭が整理されます。

 

お気に入りポイントは…

ちょっとしたことですが、この手帳のわたしにとって嬉しいポイントを3つ。

その1:月と月の間にマンスリーページがない。
3/31と4/1はつながっているのに、その間をマンスリーページで区切っている手帳もあります。手帳にマンスリーを必要としていない私にはその区切りが邪魔なんです。。。


その2:開きたいページがパッと開ける

毎週ちぎるこの切り込みのおかげで一発で“今日”が開けます。小さなことだけど快適。

その3:毎週メールで使い方を教えてもらえる
毎週月曜日に時間管理の達人である佐々木さんからメッセージが届き、手帳の使い方、時間の活かし方をサポートしてくれます。伴走者的な存在が嬉しい。

みなさんにもきっとそれぞれに好きな手帳があると思います。
「やりたい」をいっぱい書き込んで、自分との約束を行動に移し、幸せで充実した時間を過ごしたいですね。

あなたにとってリュクスな暮らしとは?


講座のお申し込みはこちら
ライフオーガナイザー2級認定講座【3月30日(土)】
ライフオーガナイザー入門講【4月13日(土)】


LINE@にご登録いただくと、
リュクスな記事があなたのもとに届きます!
ぜひ、お友達登録お願いします。

 

関連記事